活動報告:第47回 定例会

日時:令和6年3月28日(月)18時00分〜19時30分
開催方法:オンライン開催(Zoomミーティング)
参加者:28名(医療機関:2機関、施設:5施設、障がい者施設:2施設、その他:5機関)

講師のご紹介

講師の先生をご紹介します。

・美馬市 防災対策監(地域防災マネージャー)  中山 博之 氏
・つるぎ町保健センター 課長補佐        山根 みさえ 氏
・美馬市社会福祉協議会 地域福祉課 課長    佐藤 芳美 氏
・徳島新聞社 美馬支局             藤川 紫音 氏

今回のテーマは・・・

「災害時の課題解決に向けて」

(内容)能登半島地震から学ぶ、地域を支える専門職の私たちが今考えること・備えること

 元日に発生した石川県能登半島地震は、私たちの心に大きな衝撃とショックを与える出来事となりました。 テレビだけを見て、被災状況のすさまじさをただただ見届けることしかできない虚しさと同時に、 いざ災害が起こった際に私たちは専門職として何ができるか、 何を備えておかなければならないのかを改めて考えるきっかけとなりました。
 そこで、2月定例会に引き続き、石川県の能登半島地震の被災地に出向かれ、 発災直後から支援に携わられていた先生方をお招きしこの地域に何が必要か、 考えていくきっかけとして学びを深める機会といたしました。

最後に・・・

当会は医療、福祉、保険に関わる方々が集まり、それぞれの機関が協力し情報を共有すること、 また何でも相談できるようなネットワークをつくること、そして知る、学ぶ、繋がることにより、 この地域に住む人たちが、住みなれた地域で安心して生活が出来る事を目的にしております。
次回は令和6年5月に第48回定例会(総会)を予定しております。

  • 会の概要
  • 規約
  • 規約
  • 会員病院・施設のご案内
  • 活動報告
  • 活動報告
  • お問い合わせ